85年

Karl Lagarfeldが亡くなりました。

 

私ちょうどロンドンからパリへ向かう電車のでその事を知り、なんてタイミングだろうと。

 

ちょうどawのショーの2週間前。

 

どちらかというと私自身は直接そこまで大きな影響受けた訳じゃないけど、30年以上CHANELのディレクター、FENDIChloe、Karl Lagarfeld等を通じアイコンとして存在していた人が人々にどれだけの影響を与えてきたかと思うと惜しむ気持ちや悲しい気持ちを置いて言葉にならない気持ちになり彼の事を思ってみた。

 

彼の生涯を詳しく知らなくても彼が85歳まで自分の想いを服に、世界観にのせて伝え続けていた事は1年という短い時間だったけど、同じ現場に関わらさせてもらって伝わってきたから。

 

愛とクリエーションに溢れた人だったんでしょう。

 

直接話しをする事はなくても、撮影中に目が合うといつもニコってしてくれたな。

f:id:kanakoyoshida:20190220062642j:image

初めてシャネルのショーに関わったのはcouture ss 2012。 震災から1年経った時にカールさんがクチュールのショーをもう1回日本でした時でした。

 

加茂さんと出会ってちょうど1年経った時でもちろんヘアは出来ないけどオーガナイズしに行ったけ…って思うとこの時から私のオーガナイズの仕事は始まってたんだなw

 

ルチアともこの1年一緒にシャネルの仕事をしてきたけど、思い入れがあるのは関わってなくても加茂さんがしたショー。

f:id:kanakoyoshida:20190220063840j:image f:id:kanakoyoshida:20190220064356j:image

この時はまだ加茂さんと出会ってなかったけど、この数年後にみんなでこれを全部作り直したからだろうな…w

 

この2つのシーズンのヘッドピースは本当に素晴らしい作品だと今でも思う。

 

カールさんは自分の仕事が好きだから弱音や辛い思いを言わないって、服を買う人達はそれを着て幸せを感じる為であって作り手の辛さを知る為じゃないって。

 

本当にその通りだと思うし、私達の仕事の根本はそこにあるんだろうと思う。

 

毎日悩む事はあるけど、私の人生なんてまだ始まったばかりで小さな事でいつも悩んでるなって思わされた。

 

改めて自分の仕事を見つめなおす機会になりました。

 

Rest In Peace

 

kanako

 

France or UK

2月に入ってやっとロンドンに帰ってこれて、少し落ち着きました。

 

1月はトータルで1週間しかロンドンに居れなかった…ww

 

毎日自炊が出来るって嬉しいなー!暇だし何作ろうかってずっと考えてる。

 

それでも色々調べないといけない事はたくさんあって、ボスとこれから2年一緒に働くって決めたから気持ちはロンドンからパリに向いてはいるんだけど…シチュエーションが難しい。

 

f:id:kanakoyoshida:20190207034249j:image

 

取ろうと思ってたフランスのビザは難しそうだけど、もう1つ可能性があるからそっちで試してみようかと。

 

ロンドンに残ってパリと行ったり来たりの生活を続ける事も出来るかもしれないけど、これをする意味も良くわからないしな…

 

数年先を考えた場合にはパリに引っ越すのが最善策だと思う。

 

7月末に日本に戻ってビザを切り替えて9月の頭に戻る…これが出来たらベスト!

 

f:id:kanakoyoshida:20190207034656j:image

 

ロンドンに引っ越して来る前は2年で帰ると思ってたし、東京での生活が大好きだったけどやっぱり海外で仕事をしていくのが今の所は性格に合ってるのかな…

 

たくましくなり過ぎても困るけど…ボスは私にもっとたくましくなって欲しいみたいw

 

後一週間はロンドンにいれるから思う存分ゆっくり過ごそう!

 

kanako

Chanel couture ss19 show

ファースト始めてから4回目のショーになるクチュール無事終わった。

 

前回に比べると終始落ち着いた雰囲気でショーを迎えれた様な気がする。

 

f:id:kanakoyoshida:20190124172248j:image

 

チームも良かったみたいで、みんなの事気に入ってたからどんどん強いチームになっていけたらいいな。

 

私はまだまだ出来ない事も足りない所たくさんあった当時だったな…ずっと一緒に居ても理解出来てない事なんてたくさんあって、メイクしてみて気付かされる事がある。

それじゃ遅いから怒られるんだろうけど…w

難しいな〜。

 

f:id:kanakoyoshida:20190124172715j:image

 

ファーストルックを歩いてたSarah Dahlのメイクはしてます♡

 

f:id:kanakoyoshida:20190124173330j:image

 

友達から送られて来て気づいた😂

 

約一ヶ月後には次のプレタのショーだから、また頑張ろ。

 

Kanako

今年はブログを書きたい!

結局、前回書いた時から1年以上も経ってました…

 

本当は書きたい事なんて沢山ある1年だった。

 

ただこの1年は何を書いても愚痴ばっかりだっただろうな。

 

年始に東京に帰って会いたかった友達に、先輩に会えてこれからどうして行くか決めれた気がする。

f:id:kanakoyoshida:20190115191230j:image

1年かかってでも信頼を得れたからとりあえず私の勝ちかな!タフな戦いだったーww

 

どんだけ頑張っても怒られるし、初めて一緒にショーをした時は将来自分でこんなでかいショーをする事なんてないから今この大変なアシスタントする意味あるんかなーって思ったけど、それのオーガナイズもNYでの3回目ショーでは慣れてきてそんな不安もなくなったよね。

 

時間はかかっても経験を得る事、慣れる事で自信もつくし働きやすくなった。

 

12月のショーが終わってからの彼女の態度が全然違うから人って面白いなーって思う。

 

信頼してくれてありがとう。

 

3日前にロンドンに戻って今はパリに向かうユーロスターの中で遅延してる電車が出発するのを待ってます。

 

1週間後にはクチュールのショー。

 

まずこの電車が無事にパリに着きます様に🙏

 

kanako

一から始めるってこと

私はまわりの反応に敏感過ぎて疲れるし、色んな事を受け入れたり納得するまでに時間がかかる。

特に人の下で働いたり、新しい環境で仕事始める時に、人からの見られ方接され方一つで落ち込みもすればテンションが上がる事も多々。

 

f:id:kanakoyoshida:20171212081840j:image

 

ロンドンに来てまた一から始める事になってポジション的には下にいる自分をどう受け入れようか。

 

昔程細かい事は気にしないでいられるし、経験も自信も少なからずあるから過ごしやすいけどそれでもストレスを凄い感じる。いい意味でのストレスなんだけどまだこれから良くなって行くかわからない今を不安に思ってる自分の感情がうざい。

 

大丈夫って事もわかってるのに不安ってうまれてくるし、口にしないとどっかに行ってくれない。

 

明日明後日も自分の撮影入れてもらえて、大御所スタイリストといいカメラマンと撮影出来てすごい嬉しいんだけど、しっくり来てない部分は少なからずあって…それはナチュラルなメイクにナチュラルなヘアもして欲しいって言われたからで。

アシスタントも連れて行けないし、そもそもヘアもしないと現場に呼ばれないんだって事がもどかしい。

 

もちろんまだ営業もしてないし、この状況でいい雑誌を入れてもらえた事は嬉しいんだけど。。私はまたこのナチュラル要員として始めて行くのかと思うとちょっと憂鬱になってしまってる自分もいる。

 

贅沢な話だけど。

 

明日の撮影が終わったらまた気持ちは変わってるはず。

 

このままモヤモヤ撮影を受けた事を後悔するか自分の中でポジティブな方向に変えていけるか。

 

仕事に行く時の気持ちはどうあれ結果がよければ幸せな気持ちになれるし。

 

明日初めて会う人達の反応でその感情は180°動くんだろうな。

 

f:id:kanakoyoshida:20171212082130j:image

 

ビビらず頑張ろ。

 

Kanako

フレンチ&アメリカン

ロンドンに来てからまだそんなに現場に行く機会ないけど、今の所全部ビューティー。

 

先週はフランスのブランド、今回は4日間アメリカのブランド。

 

現場のテンションも違うし写真のテンションも全然違う。

スチールメインとムービーメインっていう違いもあるけど、現場にいる人の数も全然違うしどっちもワールドキャンペーンは規模がすごい!

 

現場で初めて使う化粧品を使ってメイクをしないといけないから、日本でビューティーの撮影たくさんしてて良かったなーって実感!使い慣れない化粧品でメイクするって仕上がりが想像しにくいから難しいんだよね…

 

特に人の現場でメイク任されて英語だし、英語でメイクのプロセス説明するのも聞くのも難しい。パリでもメイク チャートを書くのにいざ英語でプロセスの説明するってなったら中々言葉が出てこないもので…

 

文書く練習もしないとな。

 

もう1日早朝撮影頑張ろー!

 

 

アシスタントをする意味

ロンドンに帰ってきました。

 

St Pancrasに着いてそのまま友達のexhibition用の撮影しに行って帰ってきたら1am。

 

ほんと撮影は楽しいなー。

 

改めて感じたのは自分の撮影ってもちろん責任は自分にあるし、プレッシャーもあるかもしれないけど楽しい。

 

人の撮影って人の責任とプレッシャーを受けながらその人がメイクしやすい環境を作ってあげないといけないから、私が何かをどうにか出来る訳でもないしこっちの方が疲れるんかな。

 

初日はどうやってコミュニケーション取るのがいいかわかんなかったけど、一緒にいる時間が増えると向こうも慣れてくれるしパリでの最後の撮影は大変だったけど、居る意味あるなーって思えた。

人の現場で居る意味あるって思える事が私にとっては、自分にとって学ぶ事がたくさんここにあるって事も大事だけどそれ以上に私がここで手伝ってる事で相手にいい影響を与えれたり、いい環境を作れるって事が大切だからやっぱりそのフィールドバックがあるかないかではモチベーションが全然違うんだなって実感。

 

最近まで東京で働いててコミュニケーションを取るのが難しいなーって思う事なんてなかったと思う。

ある程度伝えたい事を現場で言えて、話し合えて、人に教える事はあっても指摘される事なんてなかったし…

 

そう思うと、ファーストランゲージじゃない言葉で人のアシスタントをするっていうのは(しかも厳しい人の)自分のボキャブラリーを増やす為にもいい機会でした。

 

たった3日間の撮影を一緒にしただけだけど、悩む事と悩んでる理由?みたいなのが自分の中ではっきりわかるいい時間だったかも。

 

f:id:kanakoyoshida:20171129212934j:image

 

ロンドンに住んでた期間の方が長いけど、東京にいた6年間はパリにしか仕事で行ってないからか、パリに居る時間は心地いい。

 

雨の街もフォトジェニックだしw

 

それにこっちの人は率直で本質的だから、好き。

 

Kanako